hikkosi05-01

引越し業者選びで失敗しないための見極め方と見積もりの取り方

かつては、引越しというと同僚や知人などに総出で手伝ってもらうのが一般的でした。

しかし、最近ではそういった引越しのやり方は少数派になりつつあります。

最近では、引越しに関する作業はプロである引越し業者にお任せしてしまうという考えの人が主流になりつつあります。

同僚や知人に手伝ってもらうのにくらべると変に気を使う必要もありませんし、オプションサービスをうまく活用すれば、自分がまったく何もする必要がないくらいすべてを引越し業者にお任せできます。

しかしその反面、引越しがうまくいくかどうかは、正しい業者選びができるかどうかという点にかかってきます。

引越業者もピンからキリまでありますから、安くて安心な業者を探すためには、それなりのコツが必要になって来るのです。

引越し業者を選ぶ際には、料金の安さばかりにウエイトをおかずに、まずは各社が得意としているセールスポイントに着目してみる必要があります。

地元の運送業者がやっている引越しサービスでは、ただ荷造りされて荷物を運ぶだけのところもあります。

その一方で、大手の引越し業者などは、荷造りや荷解きはもちろんのこと、家具の配置や家電の設定までやってくれるところまであります。

引越しひとくくりに言っても、このように提供するサービスに大きな違いがあるわけですから、単純に料金の高い安いだけでは決められないわけです。

自分が荷造りや荷解きまでやってほしいのであれば、それに対応した引越し業者を探さなければならないわけです。

自分のやってほしいことにすべて対応している引越し業者のなかから、数社に見積もりを出してもらうというのが業者選びでまずやるべきことです。

そして、複数の業者から引越し見積もりを取るときに注意すべきことが、すべての業者から同じ条件で見積もりを作ってもらうということです。

これを間違えると、安い業者を選んだつもりが、最終的には高くついてしまうことがあります。

たとえば、A社の見積もりは10万円で、B社の見積もりが15万円だったとします。

しかし、A社の見積もりは荷物をトラックで運搬するだけの内容になっており、B社の見積もりには荷物の運搬に加えて荷造り荷解きまで入っていたとすると、条件が違うためにどちらの業者が安いのか単純には分かりません。

10万円だからA社の方が安いと思って発注したら、見積もりに含まれていなかった荷造り荷解きの分として7万円を後日別途で請求された場合、引越し料金はトータルで17万円ということになってしまいます。

そうなると、結果的に荷造り荷解きまで含めて15万円だったB社の方が安かったということになります。