hikkoshi-erebeta-05-03

引っ越し先を下調べしておくことはなぜ重要なのか?

引っ越しをするときには、どうしても現在住んでいる家にある荷物を運び出すことばかりに気が向いてしまいます。

しかし、実際にはそれ以上に引越し先の家についても、事前にしっかりとリサーチをしておく必要があるのです。

リサーチ不足のまま引っ越しをしてしまうと、当日に思わぬハプニングに遭遇する可能性があります。

たとえば、大きなタンスやベッドなどが、ドアのサイズよりも大きくて搬入できないなどといったハプニングです。

そういった場合には、サッシを外して窓から搬入するなどといったやり方をするのが一般的ですが、入ることを前提で引っ越しを進めてしまっている場合、業者も当日では対応ができなくなってしまう可能性があります。

1階への搬入であれば何とかなるかも知れませんが、2階以上の階に窓から大型家具を搬入しようと思えば、専用の吊り具などを使う必要がありますし、当日来てくれたスタッフの人数ではどうにもならない可能性もあります。

業者が怒って、家具を玄関先に放置して帰ってしまったりしたら大変です。

仮に、なんとか家の中まで運び入れてくれたとしても、想定外の作業になるわけですから、当然のことながら追加料金を請求されることになるでしょう。

また、マンションの高層階に引っ越しをするときには、事前にエレベーターのサイズを確認することを忘れてはいけません。

タワーマンションなどでは、家具を上階に運び上げるための専用のエレベーターがあるところも多いようですが、人間が乗るエレベーターしかないマンションの場合には、ベッドなどの大型家具が入らない可能性もあります。

ベテランの作業員になると、家具をうまく斜めにして乗せてしまうこともあるようですが、どうしても乗らないとなると階段を使って手で上の階まで上げなくてはなりません。

もし、エレベーターが使えることが前提で少ない人数の作業員しかいなかった場合には、悲惨なことになります。

3階や4階程度あれば何とかなるかも知れませんが、10階以上となると階段を使った人力での運搬は大変な作業になります。

追加料金が発生してしまうのは当然として、最悪の場合にはその日のうちに引越しが終わらなくなってしまう可能性があります。

このようなハプニングに遭遇しないためにも、引っ越しをする際には転居先もしっかりと調査したうえで段取りをするようにしましょう。