hikkoshi-keiyaku-05-02

引越し業者と電話で契約をしてはダメな理由

引っ越しの見積もりを作成するためには、実際にその家を訪問して荷物の量や間取りなどを確認するのが基本です。

そうして作成した見積もりを提出するときには、荷物のチェックリストを同時に提出するのが一般的で、依頼者は業者の見積もりに抜けがないかどうかをそのリストで確認できるわけです。

引っ越しの料金というのは、荷物の量や移動距離によって金額が変わってきます。

移動距離に関しては、単純に地図上から計算をすることが可能ですが、荷物の量に関してはそうは行きません。

同じ間取りで同じ人数の家族が住んでいたとしても、ライフスタイルの違いによって各家庭の荷物の量は大きく異なります。

そのため、どうしても現地を下見しないことには正確な荷物の量は出せないことになります。

引越し業者の中には現地を見に来ないで、電話で大まかな荷物の量を聞いただけで仕事を請けおってしまうようなところもあるようです。

仕事を依頼する側にしても、電話でのヒヤリングだけで見積もりや契約が済んでしまうのであれば、わざわざ家に来てもらうよりも楽でいいと思いがちです。

しかし、電話口での口頭契約は、絶対にやってはいけません。

なぜなら、どんなにベテランの引越し業者であっても、電話で話を聞いただけで正確な見積もりを作成することは出来ないはずです。

そのため、概算でおおよその金額を提示して、お客がその金額で納得すれば仕事を請けてしまうわけです。

そんな適当な契約をしてしまって、もし当日に業者が想定していた以上に荷物があった場合はどうなるでしょうか。

多少の荷物であれば、そのままトラックに積んで運んでもらうことも可能でしょう。

しかし、それが当日に用意したトラックに積みきれないほどの荷物の量であれば、大変なことになります。

その日に引越し作業が終わらなくなるばかりか、業者からも追加の見積もり請求があることでしょう。

しかも、それが悪質な業者だったりすると、相場よりもはるかに高い料金を請求される可能性もあるのです。

電話での口頭契約のみで、正式な見積書や契約書がないわけですから、業者のいいなりでお金を支払わされることにもなりかねません。

こういったことがないように、引越し業者との電話口での口頭契約は絶対にしないようにしましょう

実際に家まで来て見積もりを作成してもらったうえで、荷物のチェックリストで抜けがないかどうかを確認したうえで契約をするのが鉄則です。